試験によく出る条文 行政事件訴訟法

(請求の客観的併合)

第十六条  取消訴訟には、関連請求に係る訴えを併合することができる。

 前項の規定により訴えを併合する場合において、取消訴訟の第一審裁判所が高等裁判所であるときは、関連請求に係る訴えの被告の同意を得なければならない。被告が異議を述べないで、本案について弁論をし、又は弁論準備手続において申述をしたときは、同意したものとみなす。

“試験によく出る条文 行政事件訴訟法” の続きを読む

試験によく出る条文 行政事件訴訟法

第三章 当事者訴訟

 

(出訴の通知)

第三十九条  当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で、法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするものが提起されたときは、裁判所は、当該処分又は裁決をした行政庁その旨を通知するものとする。

“試験によく出る条文 行政事件訴訟法” の続きを読む