僕が作った「一発合格完成セット」を使った理想的な学習方法とは?

こんにちは。

 

僕が、ヤフオクで自身の行政書士試験対策の教材を受験生の皆様にご提供しているのは、今までに何回かにわたり記事にしてきましたがご購入者様からその使い方についてのご質問がちょくちょくあります。

 

今日は、僕の教材の中でも自信作であり、最も売れている「一発合格完成セット」の理想的な使い方について書いてみたいと思います。 “僕が作った「一発合格完成セット」を使った理想的な学習方法とは?” の続きを読む

試験によく出る判例 憲法

最大判昭和52713日(津地鎮祭事件)

  憲法の政教分離原則は、国家が宗教的に中立であることを要求するものではあるが、国家が宗教とのかかわり合いをもつことを全く許さないとするものではなく、宗教とのかかわり合いをもたらす行為目的及び効果にかんがみ、そのかかわり合いがわが国の社会的・文化的諸条件に照らし信教の自由の保障の確保という制度の根本目的との関係で相当とされる限度を超えるものと認められる場合にこれを許さないとするものである。
憲法二〇条三項にいう宗教的活動とは、国及びその機関の活動で宗教とのかかわり合いをもつすべての行為を指すものではなく、当該行為の目的が宗教的意義をもち、その効果が宗教に対する援助、助長、促進又は圧迫、干渉等になるような行為をいう。
市が主催し神式に則り挙行された市体育館の起工式は、宗教とかかわり合いをもつものであることを否定することはできないが、その目的が建築着工に際し土地の平安堅固、工事の無事安全を願い、社会の一般的慣習に従つた儀礼を行うという専ら世俗的なものと認められ、その効果神道を援助、助長、促進し又は他の宗教に圧迫、干渉を加えるものとは認められない判示の事情のもとにおいては、憲法二〇条三項にいう宗教的活動にあたらない
“試験によく出る判例 憲法” の続きを読む

試験によく出る条文 民法

 

第二章 占有権

 

 

第一節 占有権の取得

 

 

 

(占有権の取得)  

 

  第百八十条  占有権は、自己のためにする意思をもって物を所持することによって取得する。

 

 

 

(代理占有)

 

  第百八十一条  占有権は、代理人によって取得することができる。

 

 

 

 

現実の引渡し及び簡易の引渡し

 

  第百八十二条  占有権の譲渡は、占有物の引渡しによってする。

 

  2  譲受人又はその代理人が現に占有物を所持する場合には、占有権の譲渡は、当事者の意思表示のみによってすることができる。

 

 

 

 

(占有改定)  

 

  第百八十三条  代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する意思を表示したときは、本人は、これによって占有権を取得する。

 

 

 

 

(指図による占有移転)

 

  第百八十四条  代理人によって占有をする場合において、本人がその代理人に対して以後第三者のためにその物を占有することを命じ、その第三者がこれを承諾したときは、その第三者は、占有権を取得する。

 

 

 

 

(占有の性質の変更)

 

  第百八十五条  権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、その占有者が、自己に占有をさせた者に対して所有の意思があることを表示し、又は新たな権原により更に所有の意思をもって占有を始めるのでなければ、占有の性質は、変わらない。

 

 

 

 

(占有の態様等に関する推定)

 

  第百八十六条  占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有をするものと推定する。

 

  2  前後の両時点において占有をした証拠があるときは、占有は、その間継続したものと推定する。

 

 

 

 

(占有の承継)

 

  第百八十七条  占有者の承継人は、その選択に従い、自己の占有のみを主張し、又は自己の占有に前の占有者の占有を併せて主張することができる。

 

  2  前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。

“試験によく出る条文 民法” の続きを読む