なぜ、過去の記事を再投稿するのか?

こんばんは。

hiroです。

 

5月になり、かなり暑くなってきましたね。

これからどんどん暑くなっていくと思うと、憂鬱です。

 

今日は、僕が「なぜ、過去の記事を再投稿するのか?」ということについて、書いていきたいと思います。

 

読者の皆様の中には、すでにお気づきになっておられる方もいらっしゃるかとは思いますが、当ブログの記事については、過去に既に投稿している記事を再投稿しているものがあります。

なぜだと思いますか?

記事を書くのが面倒だから手を抜いている?

そう思った方は、残念ながら当ブログの趣旨を全く理解しておられない方です。

 

答えは、「重要な事項だからこそ、繰り返し投稿している」ということです。

何度も繰り返しになりますが、行政書士試験は独学でも合格可能な国家試験です。

恐らく、行政書士試験、社会保険労務士試験あたりが、独学での合格が可能な国家試験の限界でしょう。

 

しかしながら、独学で合格するために忘れてはいけないことがあります。

それは、「正しい方法論」に基づいていることが何よりも重要ということです。

 

インターネットは確かに便利な道具です。

多くの情報を提供してくれ、多くのことを学ぶことが可能です。

 

ただし、その情報の中には、間違った情報もたくさん含まれています。

例えば、

楽に合格できる、

誰でも合格できる、

1か月で合格できる、

等々です。

 

本当にそんな試験であれば、難関資格といわれると思いますか?

インターネットでは、合格もしたことの無い人間が、あたかも真実のように虚偽の情報を拡散していることが多いです。

というか、溢れかえってます。

 

そこで得た、誤った情報をもとに独学で勉強してみても、結果は見えています。

ですので、正しい方法論を繰り返し提供するために、大事な過去の記事を繰り返し投稿しているのです。

 

この価値の神髄を理解できている方こそ、独学での合格が可能なのではないかと思っています。

僕の言葉が響いている方は、必ず良い方向に向かってくれると信じています!

頑張っていきましょう。

 

では、今日はこの辺で。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング