試験によく出る条文 民法

第二章 占有権

第一節 占有権の取得

(占有権の取得)  

  第百八十条  占有権は、自己のためにする意思をもって物を所持することによって取得する。

 

(代理占有)

  第百八十一条  占有権は、代理人によって取得することができる。

 

現実の引渡し及び簡易の引渡し

  第百八十二条  占有権の譲渡は、占有物の引渡しによってする。

  2  譲受人又はその代理人が現に占有物を所持する場合には、占有権の譲渡は、当事者の意思表示のみによってすることができる。

 

(占有改定)  

  第百八十三条  代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する意思を表示したときは、本人は、これによって占有権を取得する。

 

(指図による占有移転)

  第百八十四条  代理人によって占有をする場合において、本人がその代理人に対して以後第三者のためにその物を占有することを命じ、その第三者がこれを承諾したときは、その第三者は、占有権を取得する。

 

(占有の性質の変更)

  第百八十五条  権原の性質上占有者に所有の意思がないものとされる場合には、その占有者が、自己に占有をさせた者に対して所有の意思があることを表示し、又は新たな権原により更に所有の意思をもって占有を始めるのでなければ、占有の性質は、変わらない。

 

(占有の態様等に関する推定)

  第百八十六条  占有者は、所有の意思をもって、善意で、平穏に、かつ、公然と占有をするものと推定する。

  2  前後の両時点において占有をした証拠があるときは、占有は、その間継続したものと推定する。

 

(占有の承継)

  第百八十七条  占有者の承継人は、その選択に従い、自己の占有のみを主張し、又は自己の占有に前の占有者の占有を併せて主張することができる。

  2  前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。

    第二節 占有権の効力

(占有物について行使する権利の適法の推定)

  第百八十八条  占有者が占有物について行使する権利は、適法に有するものと推定する。

 

(善意の占有者による果実の取得等)

  第百八十九条  善意の占有者は、占有物から生ずる果実取得する。

  2  善意の占有者が本権の訴えにおいて敗訴したときは、その訴えの提起の時から悪意の占有者とみなす。

 

(悪意の占有者による果実の返還等)

  第百九十条  悪意の占有者は、果実を返還し、かつ、既に消費し、過失によって損傷し、又は収取を怠った果実の代価を償還する義務を負う。

  2  前項の規定は、暴行若しくは強迫又は隠匿によって占有をしている者について準用する。

 

(占有者による損害賠償)   

  第百九十一条  占有物が占有者の責めに帰すべき事由によって滅失し、又は損傷したときは、その回復者に対し、悪意の占有者はその損害の全部の賠償をする義務を負い、善意の占有者はその滅失又は損傷によって現に利益を受けている限度において賠償をする義務を負う。ただし、所有の意思のない占有者は、善意であるときであっても、全部の賠償をしなければならない。

 

(即時取得)

  第百九十二条  取引行為によって、平穏に、かつ、公然動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。

 

(盗品又は遺失物の回復)

  第百九十三条  前条の場合において、占有物が盗品又は遺失物であるときは、被害者又は遺失者は、盗難又は遺失の時から二年間、占有者に対してその物の回復を請求することができる。

ブログの閲覧ありがとうございます。

 

本ブログは、行政書士試験の短期合格のために有用と思われる情報を提供することを主な目的としています。

 

行政書士試験は年々難化していると言われています。

そのような現状もあり、行政書士試験予備校を利用しているという受験生も多いです。

しかしながら、行政書士試験は独学でも十分に合格することが可能な試験だと考えられます。

もっとも、それは行政書士試験合格に必要・十分な範囲を絞り、正しい方法論で勉強することが大前提と言えるでしょう。

独学者や初学者の方のために、行政書士試験対策に特化した資料を作成しています。

御興味のある方は、以下のページをご覧ください。

 

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hiroki12052003

 

 

では、今日は失礼しますね。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング