試験によく出る判例 民法

①取得時効と登記

 

 

 

 

  ⅰ時効完成時の所有者との関係:大判大7・3・2

 

 

    対抗関係とはならないので、不動産の時効取得者は、登記なくして、時効による不動産所有権の取得を主張できる。

 

 

 

  ⅱ取得時効の進行中に原所有者から所有権を取得して登記を備えた第三者との関係:最判昭41・11・22

 

 

     不動産の時効取得者は、取得時効の進行中に原権利者から当該不動産の譲渡を受けその旨の移転登記を経由した者に対しては、対抗関係とはならないので、登記がなくして、時効による所有権の取得を主張することができる。

 

 

 

 

  ⅲ時効完成後に現れた第三者との関係:大連判大14・7・8

 

 

    二重譲渡類似の関係にあることから、177条が適用され、時効による不動産所有権の取得につき、第三者に対抗するには登記が必要となる。

 

 

 

  ⅳ取得時効完成後に原所有権者から所有権を取得した第三者が登記を具備した後、時効取得者が、なお引続き時効取得に必要な占有を継続した場合:最判昭36・7・20

 

 

    対抗関係とはならないので、当該第三者に対しては、登記なくして、時効による不動産所有権の取得を主張できる再度の時効取得を認める)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独学者や初学者の方のために、行政書士試験対策に特化した資料を作成しています。

 

 

御興味のある方は、以下のページをご覧ください。
 

 

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hiroki12052003

 

では、今日は失礼しますね。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング