試験によく出る判例 憲法

こんにちは。

 

今日は、「試験に出る判例 憲法」を掲載したいと思います。

 

最判昭和631220(共産党袴田事件)

  政党は、政治上の信条、意見等を共通にする者が任意に結成する政治結社であって、内部的には、通常、自律的規範を有し、その成員である党員に対して政治的忠誠を要求したり、一定の統制を施すなどの自治権能を有するものであり、国民がその政治的意思を国政に反映させ実現させるための最も有効な媒体であつて、議会制民主主義を支える上においてきわめて重要な存在であるということができる。したがつて、各人に対して、政党を結成し、又は政党に加入し、若しくはそれから脱退する自由を保障するとともに、政党に対しては、高度の自主性と自律性を与えて自主的に組織運営をなしうる自由を保障しなければならない。他方、右のような政党の性質、目的からすると、自由な意思によって政党を結成し、あるいはそれに加入した以上、党員が政党の存立及び組織の秩序維持のために、自己の権利や自由に一定の制約を受けることがあることもまた当然である。右のような政党の結社としての自主性にかんがみると、政党の内部的自律権に属する行為は、法律に特別の定めのない限り尊重すべきであるから、政党が組織内の自律的運営として党員に対してした除名その他の処分の当否については、原則として自律的な解決に委ねるのを相当とし、したがつて、政党が党員に対してした処分が一般市民法秩序と直接の関係を有しない内部的な問題にとどまる限り、裁判所の審判権は及ばないというべきであり、他方、右処分が一般市民としての権利利益を侵害する場合であつても、右処分の当否は、当該政党の自律的に定めた規範が公序良俗に反するなどの特段の事情のない限り右規範に照らし、右規範を有しないときは条理に基づき、適正な手続に則つてされたか否かによつて決すべきであり、その審理も右の点に限られるものといわなければならない。

 

ブログの閲覧ありがとうございます。

 

本ブログは、行政書士試験の短期合格のために有用と思われる情報を提供することを主な目的としています。

 

行政書士試験は年々難化していると言われています。

そのような現状もあり、行政書士試験予備校を利用しているという受験生も多いです。

しかしながら、行政書士試験は独学でも十分に合格することが可能な試験だと考えられます。

もっとも、それは行政書士試験合格に必要・十分な範囲を絞り、正しい方法論で勉強することが大前提と言えるでしょう。

独学者や初学者の方のために、行政書士試験対策に特化した資料を作成しています。

御興味のある方は、以下のページをご覧ください。

 

 

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hiroki12052003

 

では、今日は失礼しますね。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング