行政書士試験は誰でも合格できる?

こんばんは。

hiroです。

 

「行政書士試験は誰でも合格できます!」

などといったことをよく見たり聞いたりします。

それは、本当なのでしょうか?

答えは、ノーです。

 

行政書士試験の合格率は約10パーセントなわけです。

つまり、100人受けて90人は落ちるわけです。

こんな試験に誰でも合格できるわけありません。

 

大半は、数年受験しても合格できずに撤退していきます。

そもそも予備校の講座の途中で挫折してしまう人も多いです。

 

資格予備校や行政書士試験の家庭教師は、「行政書士試験は誰でも合格できます!」などと謳っていますが、これはあくまで宣伝です。

合格者は、自分が合格しているから、行政書士試験は誰でも合格できると言います。

つまり、自分の能力を基準として考えているのです。

 

しかし、僕Iは、嘘を言たくないので本当のことを言いますが、世の中には才能や向き不向きというものがあります。

どれだけ努力しても超えられない壁はあるのです。

 

確かに、行政書士試験は、独学でも合格可能な試験です。

今までもそのように主張してきました。

しかし、才能やセンスは全く不要だとは言っていません。

独学にしろ、予備校を使うにしろ、やはり合格するためには一定の才能やセンスは必要だと思います。

 

何年勉強しても、一向に法的思考力が身につかない人は大勢います。

何でそういう考え方するのかな?って思ってしまう人たちです。

ですので、これから行政書士試験の勉強を始めようか検討している方は、安易に予備校や家庭教師、合格者の書き込み等を信じないようにしましょう。

 

まずは、民法の入門的なテキストを書店で読んでみると良いでしょう。

それで、チンプンカンプンなら、もう諦めた方が良いです。

世の中に資格は膨大にあるのです。

あえて向いていない試験を無理して勉強する必要性は低いと言えます。

 

では、今日はこの辺で。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング