行政書士試験におけるドリームキラーへの対処法

こんばんは!

 

hiroです。

もうすぐ、ゴールデンウィークも終わりですね。

皆様は、思うように勉強が進んでおりますでしょうか?

 

本日は、「行政書士試験におけるドリームキラーへの対処法」ということで、書いていきたいと思います。

まず、ドリームキラーという言葉は、ご存知でしょうか?

簡単に言えば、「他人の夢を壊す人」のことです。

 

親や兄弟、親族、恋人、親友等様々な人が、ドリームキラーになり得ます。

このドリームキラーの存在こそが、あなたの夢を妨害する大きな原因だったりするのです。

 

例えば、自分が行政書士試験を目指しているとか言うと、ドリームキラーは以下の言葉を浴びせてきます。

どうせ、合格なんて無理、

合格しても喰っていけないから時間の無駄、

何やっても無駄、

等々、モチベーションの下がる言葉を散々浴びせてくるわけです。

 

悪意を持って言ってくる場合や、心配して言ってくる場合等、その意図は様々ですが、共通して言えることは、その人たちの言葉は行政書士試験合格にとって、無駄どころかマイナスだと言うことです。

何しろ、モチベーションが下がるネガティブなことばかりを言ってくるわけですから、マイナス以外の何ものでもないわけですね。

言葉の力って凄いもので、マイナスな言葉ばかりを耳にしていると、どんどんマイナスな方向に流れていき、それが現実化してしまうことがあるのです。

 

では、そのようなドリームキラーに対して、どのように対処すべきでしょうか?

まず、行政書士試験を目指していることを一切言わないことです。

言わなければ、彼らに行政書士試験を目指していることを知られないわけですから、当然夢を壊すような言葉も浴びせてこないわけです。

合格するまで一切言わないことが一番です。

 

次に、ドリームキラーとは関わらないことです。

仮に、行政書士試験を目指していることを知られてしまった(話してしまった)場合には、ドリームキラーは一斉に夢を壊しにかかってきますから、とにかく関わらないことです。

そういう人間の話を聞くこと自体が、マイナスですから。

 

僕自身、行政書士試験を受ける前に、親からマイナス的なことを多く言われました。

そこで、それ以降は一切接触することを避け、その年の行政書士試験に合格しました。

ネットビジネスを始めた時も同じです。

 

ドリームキラーになるような人間に限って無責任なもので、後になって「あなたなら合格すると思ってた」とか「やっぱり上手くいくと思ってた」とか平気な顔をして言ってくるのです。

何には、自分が言ったことさえ覚えていないという、最低な人間もいます。

 

とにかく、現在、行政書士試験を目指している方は、以下の2点に気を付けるように心がけましょう。

行政書士試験を目指していることを一切言わないこと

ドリームキラーとは関わらないこと

 

一度しかない自分の人生なんですから、他人の無責任な言葉なんて気にせず、自分の信念に基づいて、行動していきましょう!

 

では、今日はこの辺で。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング