予備校の講座や個別指導を受けさえすれば合格できると思っていませんか?

こんにちわ!

hiroです。

 

行政書士試験は、独学でも合格可能な試験ですが、予備校の講座や個別指導の利用は否定しません。

ですが、正しい利用の仕方が当然の前提となります。

以下、僕なりの考えを示させて頂きたいと思います。

資格試験の世界だけでなく、ネットビジネス等の世界についても言えることなんですが、講座や個別指導を受けさえすれば成功できると思っている方がとても多いです。

 

行政書士試験は、概ね合格率10パーセント前後ですが、これはあくまでも受験生に対しての数字ですよね。

 

実質的な合格率はもっと低いわけです。

 

どういうことかというと、予備校の講座であったり、個別指導、あるいは独学で行政書士試験の学習を開始しても、途中で挫折してしまうという人も多いからです。

 

予備校の場合ですと、講座終了時には、3分の1が来なくなってしまう(ひどい場合だと2分の1)というケースも珍しくないようです。

 

数十万円という高額な費用を支払っている場合でさえこうなんですから、独学であればもっと挫折者は多いはずです。

 

よって、学習を始めても最終的に合格できる人の割合は、5パーセント以下でしょうね。

 

つまり、100人に5人いるかどうかです。

 

この数字は、ネットビジネスでも同様です。

 

ネットビジネスで稼げている人は、5パーセント程度と言われています。

 

この5パーセントというのは、少額でも利益を得ている人という意味であり、これで専業で食べている人はもっと少ないです。

 

結局、挫折していく人たちは、考えが安易(僕も過去はそうでした)なんですよね。

 

ちょっとやれば合格できるとか、すぐ儲かるとか。。。。

 

ネットでの嘘情報を真に受けて、大金を払ってしまっているわけです。

 

世の中には、そういう情報弱者を食い物にしている人も多く存在しています。

 

つまり、何を言いたいのかというと、「講座や個別指導を受ければ合格できる」とういう考えは捨てて下さいということです!

 

予備校は、都合の良いことをいろいろ言って、違法の一歩手前の勧誘をします。

 

数か月でも合格可能、

 

合格すれば就職に有利

 

独立開業すれば一国一城の主で稼げる

 

等。

 

まあ、こんな誇大宣伝を、いい歳して信じるほうも信じるほうですがね。

 

こんな例は超レアケースです。

 

こういう超レアケースを信じて一生懸命を勉強して合格できればまだいいのですが、こういう誇大宣伝を安易に信じ込んでしまう人は、よく考えずに大金を払ってしまう人で、つまり自分の頭で物事を考えられない人が多いです。

 

で、結局何年も予備校にお金を貢ぎ続けることになります。

 

くれぐれも、皆さんに注意してほしいのは、予備校の講師や個別指導の講師は基本的なことは確かに教えてくれます。

 

例えるならば、0を1にしてくれるということですね。

 

ですが、コツは自分で習得するものですし、それしかありません。

 

1を10にできるかは自分次第ということです。

 

そして、10にできる人は、自分の頭で物事を考えられるような人でなければなりません。

 

よって、上記のように、よく考えずに予備校等に大金を払ってしまう人は、自分の頭で考えられませんから、合格できない人も多いという帰結になるわけです。

 

本ブログの読者の皆さんは、「コツは自分で習得するものである」ということを、忘れないようにしてくださいね!

 

では、今日はこの辺で!

 

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング