六法は買うべきか?

こんにちは。

hiroです。

行政書士試験の学習にあたって六法は買うべきでしょうか?

通常、司法試験や司法書士試験、行政書士試験等の法律系国家試験の学習にあたっては、予備校の講師等から六法の購入が推奨されています。

しかし、僕は、行政書士試験の学習にあたっては、六法は不要だと思っています。

司法試験のように、論文試験がある場合は、六法の持ち込みが可能であり、六法で条文を引くという作業が必要となってきます。

したがって、日常の学習において、六法に慣れておく必要があります。

ですが、行政書士試験の場合は、論文試験がなく、六法の持ち込みも不可なわけです。

もちろん、行政書士試験に合格した後においては、六法が必要となってくるでしょう。法律家なのですから。

ただ、行政士試験に合格する為には不要であるということです。

択一六法には、必要な条文は概ね掲載されていますし、ネットで簡単に条文を見ることも可能です。

予備校等では、あれもこれもと講座を勧めたり、書籍類を勧めたりしますが、これには要注意です。

お金の無駄使いだけでなく、結局消化不良に終わってしまうからです。

本当に必要な知識を正確に理解・記憶することが一番の近道だと思います

 

では、今日はこの辺で。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング