情報の一元化について

行政書士試験に限らず、試験においては、「情報の一元化」ということが有用であると言われています。

「情報の一元化」とは、試験に問われる知識を一つの書籍に集約することをいいます。

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hiroki12052003


では、どのようにすれば良いのでしょうか。
まず、自作でノートやレジュメを作成するという方法です。
これは、自分で作成する以上、自分に一番合ったものを作るということができますが、なにぶん作成に多大な時間を要します。

時間は限られているため、費用対効果という観点からオススメできません。

また、初学者や独学者の場合は、間違った知識を集約させてしまうという可能でもあります。

 

次に。市販の書籍等に集約するという方法です。

これが一番ベストだと思います。

ただ、ここで悩むのは、具体的にどの書籍が良いのかという点です。

以前の記事にも書きましたが、行政書士試験用のいわゆる「一冊本」では、情報量が足りません。

したがって、自分で書き込んだり、ポストイットを貼っていくことになります。

この方法は、自作ノートの作成ほどではありませんが、やはり時間が掛かります。

また、字が汚い人の場合、汚らしくなってしまい、見づらくなります。
直前期に何回も目を通すものとしては、どうかと思いますね。

従って、「一冊本」への情報の集約もオススメしません。

 

では、どうすれば良いのでしょうか?

ズバリ、他の国家試験用の書籍を使い情報の一元化を図ることです。

他の国家試験とは司法試験のことです。

司法試験用の書籍としては、各予備校から市販で択一六法が販売されています。

この択一六法に情報の集約を図るのです。

もっとも、行政書士試験で問われるような知識はほぼ掲載されていますので、マーカーやペン等を使ってしるしを付けるだけですので、短時間で済みます。

ただし、あくまでも司法試験用の書籍ですので、掲載されている情報量は行政書士試験にとっては情報過多であるといえます。

ですので、この択一六法の中から、行政書士試験で問われる可能性のある知識をピックアップし、そこにしるしを付けていきます。

この作業が、「情報の一元化」の要となります。

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hiroki12052003

 

僕が作成した、
「試験によくでる条文集」
「試験によくでる判例集」
「スキマ時間でラクラク覚える定義集」
「苦手分野克服まとめ」
は、行政書士試験で問われる可能性が高い知識をまとめた教材です。
これらを基にして、択一六法への「情報の一元化」を図っていくのも一つの方法と言えるでしょう。
以下のページを是非、参考になさってみてください。
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hiroki12052003

 

 

 

では、今日は失礼しますね。

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング