行政書士資格取得の意味

ネット等では、行政書士資格を取得しても喰えないとか、意味がない、とかいう書き込みをよく目にします。

 

しかし、僕は十分に意味のある資格だと思っています。

 

理由は、以下の2点です。

 

 

第1に、自己の法律の適正を見極めることができること。

 

 

法律系資格としては、行政書士試験より難易度の高いものとして司法書士試験があります。

 

 

範囲膨大で、かつ、難易度も高いです。

 

 

やはり、一定の法的センスが求められます。

 

 

つまり、司法書士試験の合格には多くの時間を要し、予備校の講座も高額になっています。

 

 

以上から、いきなり司法書士試験の受験の勉強を始めても、挫折する人が多く、多くの時間とお金を無駄にしてしまう場合が多いのです。

 

 

よって、まずは行政書士試験に挑戦し、合格できないか、行政書士試験の合格で精一杯ならば、それ以上の難易度の資格を目指さないという選択をすることができ、多くの時間とお金を無駄にせずに済むのです。

 

 

 

 

第2に、メイン資格の周辺業務資格として大いに役立つこと。

 

 

正直、新規参入者が行政書士資格専業で生計を立てていくのは相当難しいと思います。

 

 

行政書士の数は飽和状態ですし、試験と実務は乖離していますから。

 

 

しかし、行政書士の業務は、司法書士、社会保険労務士、税理士、土地家屋調査士、中小企業診断士等の業務と密接に関連することが多く、これらをメイン資格として、その付随業務として行政書士資格を活かすことができるのです。

 

 

たとえば、会社設立に関して言えば、会社設立自体は司法書士業務として行うことができますが、その際には各種の許認可が必要となる場合があります。

 

 

たとえば、飲食業、建設業、風俗業などです。

 

 

このような場合に、司法書士と行政書士の双方を持っていれば、両方を行うことができるのです。

 

 

行政書士は、その業務範囲が広く、司法書士、社会保険労務士、税理士、土地家屋調査士、中小企業診断士等といった他分野の資格の付随業務として活かすことのできる大変便利な資格と言えるでしょう。

 

 

では、今日はこの辺で。

 

 

 

独学者や初学者の方のために、行政書士試験対策に特化した教材を販売しています。

御興味のある方は、以下のページをご覧ください。

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/hiroki12052003

 

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング