行政書士の廃業率について

こんばんわ!

hiroです。

 

ネット等では、行政書士の廃業率は90%だとか言われていますよね。

まあ、確かに他士業に比べて廃業率が高いのは本当でしょう。

 

ただ、これには留意すべき点があります。

 

それは、行政書士の独立開業者の覚悟についてです。

弁護士や司法書士は、行政書士よりも試験の難易度が高く、合格者も何が何でもこれでご飯を食べていくという覚悟で受験勉強してきた人が多いと思います。

そのくらいの覚悟で臨まないと、合格できないでしょうから。

また、合格まで多額のお金や労力、時間を投資しているわけですから、開業後もちょっとやそっとで諦めるわけにはいきませんよね。

 

これに対し、行政書士の場合は、確かに難関試験ではありますが、弁護士や司法書士ほどの覚悟で臨まないと合格できないような試験ではありません。

また、合格までにかかるお金や労力、時間も、弁護士や司法書士ほどではありませんよね。

 

このような合格者の覚悟の違いが、独立開業後の廃業率に影響しているのではないかなと思ってます。

 

実際に、僕の地元の複数の行政書士の方にお聞きしたのですが、ちゃんと覚悟をもって臨めば食べていけるようになると仰ってました。

登録だけして、会の集まりとか研修にも顔を出さずに、いつのまにか退会するような人が廃業者に多いようです。

このような人たちは、会の集まりや研修にも顔を出さないわけですから、知識や経験も向上しませんし、人脈も広がらないわけです。

結局、何が何でも食べていくんだという覚悟がないんです。

このような人が廃業するのは当然と言えば当然でしょうね。

 

こういう人は、食べられないのを行政書士という資格のせいにして、今度は司法書士とかを目指すわけです。

もっとも、そのような覚悟の人たちですので、司法書士試験の合格も苦戦することはいうまでもないでしょう。

 

以上より、行政書士の廃業率の高さは、確かに受験生等にとっては気になるところではありますが、そこまで深刻に気にする必要はないのかなと思います。

自分が強い覚悟で臨めば良いのですから。

また、仮に行政書士開業後、すぐには食べれなくてもネットビジネス等で稼ぐ方法はいくらでもありますからね。

それさえも自力でできないのなら、もう自営業は向いていないと言わざるをえません。

 

受験生の方は、残り数か月ですが、一生懸命頑張っていきましょう。

では、今日はこの辺で!

 

 

  

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキングこの辺で!