即独

こんにちわ!

hiroです。

 

「即独」という言葉をご存知でしょうか?

近年、弁護士業界の就職難により、認識されるようになった言葉です。

 

旧司法試験下においては、弁護士の場合は、司法試験に合格し、司法修習を修了すれば、年齢や経歴関係なく、法律事務所に就職できていました。

渉外事務所の初年収は、1000万円

街の法律事務所の場合でも、初年収500~600万円が相場でした。

 

しかし、現行の司法試験に移行し、上記のような年収どころか、そもそも法律事務所に就職することさえも困難になっているようです。

特に30代以上になると厳しいようです。

 

そのような状況の中で、司法修習修了後に、どこの法律事務所にも就職せず、いきなり独立開業するという形態が増え始めています。

このような形態を「即独」と言います。

 

この点、行政書士の場合はどうでしょうか?

行政書士の場合は、求人情報等も少なく、登録者の大半がいきなり独立開業しています。

むしろ即独が一般的なのです。

 

そもそも、資格試験というのは、その業種として最低限求められる知識を試す為のものです。

したがって、即独も不可能ではないはずなのです。

現に、弁護士、司法書士、行政書士でも、即独で成功している人もいます。

 

反面、行政書士の場合は、廃業も多いようです。

このような面を捉えて、ネットでは「行政書士は喰えない。行政書士試験は合格しても意味がない」などと言われています。

 

ですが、そもそも資格合格=喰っていけるという発想が、おかしいのではないでしょうかね?

甘いと思います。

 

喰えないのは資格のせいではなく、本人の資質の問題だと思います。

飲食業界、美容師業界等を見れば当たり前のことです。

 

あくまでも、資格は、その分野で仕事をしたいから取得するものであり、収入を保証してくれるものではありません。

保証が欲しいなら、大企業や公務員になるべきであり、少なくとも自営業には向いていないと言えるでしょう。

 

今日もクリック宜しくお願い致します!

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


行政書士ランキング